アリスどうぶつクリニック
〜外科・整形外科・眼科・バードクリニック〜
04-2963-7457
ホーム アクセス・診療時間 担当医スケジュール 求人情報 サイトマップ
全ての動物に開かれた医療を目指して
アリスどうぶつクリニック 基本理念
私達は動物が健康で長生きできますよう、 確定診断と根治治療を重視し予防医学に力を入れ、 動物の一生を総合的にサポートします。
私たちは動物のホームドクターとして、そして大切な家族の一員をお預りする身として、 地域の皆様にお役にたてますよう全力で努力いたします。
私達は飼い主様が納得ゆくまで丁寧に病気や治療の説明をし、 インフォームドコンセントを徹底いたします。
私達は動物の生命を守り、動物愛護思想を向上し、人々との生活を心豊かになりますよう、 動物の一生を健康的にサポーといたします。
アリスどうぶつクリニックの特徴
アリスどうぶつクリニック副院長廣田賢司と申します。
当院は1977年に入間市内に、地域密着を重視した動物病院として開院いたしました。以来、多くの患者様のご支援を頂き、今日に至ります。
 現在当院は、犬、猫、ウサギ、鳥、フェレット、ハムスター、ハリネズミ、リスなど多種類の動物の診察を行うことができます。
 現在当院の獣医は総合診療医と専門医による診察体制をとっております。
 当院では地域密着の獣医師としての基本は全ての動物・病気に対応できる総合診療医であると考えております。動物さんたちによくある症状の多くは専門医でなくとも対応できるものが多数です。いろいろな動物を診察することで、獣医師としての領域を広く、深くでき、様々なニーズを持つ飼い主様に対応できる、地域に根ざした動物病院になれると思います。
 しかし、時にはより専門的な医療が必要となることもあります。そのために専門医は必要です。現在当院では眼科、外科、整形外科、リハビリテーション科において専門医、トレーナーによる診察、治療を行っております。
 また、現代獣医学では対応の難しい慢性疾患や末期のがん治療などに対しましては、人の医療でも注目されている超高濃度ビタミンC点滴療法をはじめとする、多種類の代替補完療法を実施しております。
 また、当院で対応できない症例に対しては、外部の専門施設のご紹介など、迅速に対応致します。
 当院の目標としましては、患者様との心のふれあいを大切にしながら、飼い主様と、動物さんとの絆をより一段と強くできるよう、全力を尽くす所存です。  今後とも初心を忘れず、心のふれあいを大切にし、より一層獣医療に邁進し、地域貢献につとめ、人と動物のより良い環境作りに協力したいと思います。何卒宜しくお願い致します。
院長紹介     高齢動物の飼主様へ
 
当院では、最新の西洋医学中心の総合医療科と東洋医学、 各種自然療法と西洋医学とを統合して診療する統合医療センターとの2つの施設を有しており、 多くの治療の選択肢を選ぶことができます。このことは、日本で初めての獣医医療施設といえます。

うさぎ ハムスター当院は単に病気の局所のみを治療する医療とは異なり、動物の身体、心、 精神を含めて統合的に治療する統合医療を実施しております。
診察対象動物はイヌ、ネコのみならず、ウサギ、フェレット、ハムスター等の小動物も専門的に治療いたします。 院内には、バードクリニッを併設し、小鳥の治療にも力を注いでいます。
専門分野が必要な症例には、専門医、大学病院との連携も密で御紹介いたしております。

動物の医療は、全科を診る医療です。獣医師は各種学会、研究会に出席し、最新の獣医医療を実践し、 動物看護の教育をしている院長の指導のもと、看護師は動物に優しい看護をと提供しています。 動物に最高の医療を実践するために、獣医師と看護師による質の高いt-無医療を行なっております。 こころ温まる丁寧な医療をいたします。

緩和医療、ターミナルケアの導入
高齢動物の増加に伴い、がん慢性腎不全、 心臓疾患などのターミナルケアの必要な動物が多くなってまいりました。
コンパニオンアニマルである動物の苦痛を取り除き、精神と心の不安に安らぎを与え、 QOL(生活の質)の改善を目的に緩和医療、終末期医療を行なっております。
併設の統合医療センターとの密接な相互協力により、 より効果のあるやさしい医療の提供が可能となります。
飼い主様が安心できる「トータル・ケア」を提供いたします。
常に最高の獣医医療を提供いたします。
人畜共通感染症の予防に力を入れ、動物と飼い主様の健康を守ることを獣医医療のモットーとします。
病気にならないために病院に行きましょう
動物は少し体調が悪くても、症状を隠しています。
その為、飼主様が気づかないうちに症状が悪化している事があります。
手遅れになる前に元気なうちに動物から発信されるわずかな情報を見るける為に、病気にならないうちに病院へ行くようにましょう。
気を付けてほしい病気
・6〜7才のワンちゃんの場合
「白内障」の予防として高齢に近づいてきたらチェックをしましょう!
・6〜7才のネコちゃんの場合
「腎臓の病気」  病気にならない為のポイントは食事の選び方に気をつけましょう。 4〜5才になったら腎臓のチェックを受けましょう。
・ウサギちゃんの場合
「膀胱結石」  子供の頃から健康チェックと食事相談をしましょう。
そして、一年に一回は健康チェックをしましょう。
・コトリちゃんの場合
オーム病(クラミジア症) 
年に1〜2回の糞便によるクラミジア検査をお勧めいたします。
最新のお知らせ
新しい動物のガン治療に超高濃度ビタミンC点滴療法を始めました
求人情報(獣医師・看護師募集)はこちら
  ホモトキシコロジー
  フラワーレメディ
  ドイツ式自然療法
  アロマセラピー
  ドッグマッサージ
  アロママッサージ
アリスどうぶつクリニック統合医療センター
がん外来
高齢動物の飼い主様へ
ホメオパシー
セカンドオピニオン
このページの先頭へ
どうぶつ統合医療センター 会員サービス ケアクラブ
ホーム | リンク | 求人 | サイトマップ | 個人情報保護ポリシー
〒358-0011
埼玉県入間市大字下藤沢442-10
TEL : 04-2963-7457
Copyright@Alice Animal Hospital All Rights Reserved.